木月カリヨン幼稚園の教育方針


・明るく伸び伸びと行動し、安全な生活のリズムを身につける


・進んで人とかかわり、愛情や信頼感をもって社会生活の態度を身につける


・環境に親しみ、自然と事象に興味や関心をもつ


・視聴力・読解力の芽生えを養う


・感性や知性を豊かに育てながら、心体のバランスのとれた、がまん強い良い子どもになるようにする




木月カリヨン幼稚園の教育目的(幼稚園教育の五つの領域)


幼稚園は子どもたち一人一人の人格の発達を促す場であり、その発達は、感性、感情、意欲と発達の認識、また操作の発達が結合するところに成立しています。本園では、適切な環境を与えて心身の発達を助長する目的をもって保育し、次の五つの領域を編成することにより、子どもたちの豊かな感情を養い、人格の形成に努力しています。

【健康】


(1)健康な心と身体を育て、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う
(2)人と人との温かいふれ合いの中で生活し、安定感や自己の存在感を味わう。


【人間関係】


(1)仲間とのかかわりの意識をもつ。
(2)自然や社会の事象などの身近な環境に積極的にかかわる力を育て、生活に取り入れていこうとする態度を養う。


【環境】


(1)子どもたちが環境に主体的に働きかける。
(2)物の性質や数量などに対する感覚を豊かにする。


【言葉】


(1)経験したことや考えたことなどを言葉を使って表現する。
(2)相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚を養う。


【表現】


(1)豊かな感性を育て、感じたことや考えたことを表現する意欲を身に付ける。
(2)生活の中での豊かな感性を培う営みを通して、子ども自身の意欲的な表現を大切にする。